英語・PubMed・Medlineで探そうという方に
PubMedは「情報の大海」です。羅針盤も持たずに取り組むのはとても骨が折れます。まずは、自分の興味や専門分野で重要な論文などを参考にして、実際のその論文を検索できるか試してみたり、その論文についていた重要なキーワード(MeSHなど)を憶えることからはじめるのが近道です。

それぞれの情報源を利用方法を確認し、実際に使ってみましょう。 実際に情報源にさわってみる中で最初に示した情報源などを活用して上手な引き方をマスターしてください。

 
PubMed: http://www.pubmed.gov(Medlineの検索システム)

droppedImage

 

History画面を使う検索方法手順

PUBMEDの「RAPID AND DIRTY検索法」 どうしても引いてみたという人に。
1)検索準備
あなたが直面した、あるいは考えた、あるいは採用した患者・シナリオを念頭に置く
そこから、重要で切実な課題を定式化し抽出する。それを3パート、または4パートクエスチョンにまとめる。→
ここで解説
それぞれの要素から適切と思うキーワードを設定する。年齢や性別で絞るのは最後にしておく。
キーワードは必要に応じてAND ORなどで結んだり絞ったりすることを念頭に置くこと。
2)キーワード入力:フリーターム検索実行
要素を一つ一つPUBMEDに入力する。必ず、一つのキーワードを入力するとENTERキーを押して検索を実行し、検索できた件数を確認すること。検索できた件数が極端に少なければ、それはスペルミスである可能性が高い。今では、多くの引用が得られるスペルの候補が表示されるので、簡単になった。
3)History画面での検索式の組み立て
すべて入力し終えたら、入力ボックスの下のHISTORYの文字をクリックし、HISTORY画面に移る。
その検索結果の一覧から、それぞれの検索につけられた番号を使って、「#1 AND (#2 OR #3) AND (#4 OR #5)」というふうに検索式を整える。

4)質の高い論文を選ぶためのキーワードを添える
最後に、質の高い論文を選ぶためのキーワードを入力する。

pubmedのとっておきキーワード ここがポイント! これで「質の高い研究」に絞る!
治療:randomized controlled trial [pt]
予後:cohort studies または prognosis [mh]
診断:sensitivity and specificity [mh] または diagnosis[sh]
病因・副作用:risk[tw] または cohort studies
システマティックレビュー:meta-analysis[pt] ハイフンを忘れずに

[ ]の中は、PubMed用のキーワードを限定するための修飾語である。Search Tagと呼ばれる。
[pt]: publication type 論文の種類
[mh]: MeSH Heading MeSH(Medlineのキーワードシステム)のキーワードとして指定
[tw]: text word 登録情報の中の単語
その他のSearch Tagを知りたいときは、PubMedの本を読むか、PubMedのHelpをチェックしよう


知っておくとお得!:PubMedでは、タグをつけないキーワードを一つずつ入れると、そこから予測されるキーワード組み合わせて検索してくれている。入力ボックスに詳細な検索式をいきなり入力するよりも、キーワードを一つずつ入れてHistory画面で組み合わせ検索をした方が、結局「もれ」が少なくなる。
Historyを上手に使おう:History画面で検索式を整えるようにすると、論文が多い場合や少ない場合に、それぞれのキーワードの検索数をチェックしながら組み直せるので、検索式を整えるのが容易になる。