研修医向けの
EBM講習会用資料です。
この研修会用の資料は、1年目の研修医にEBMのステップ12(課題の定式化と情報検索)を中心に実習形式で指導するためのものです。卒後研修の必修化に伴い、EBMは必須項目となりました。さまざまな手法・教材・形式があって良いものと思いますが、第3回EBM指導者講習会で用いた資料を一部紹介します。
批判的吟味の手順についての説明は想定していません。ただし、CASP Japan資料集のハンドカードの内容と、解説付きワークシートを添えています。これをこのまま用いるのではなく、ご自身の現場・研修医のニーズ・ご自身の専門性などを考慮して計画して下さい。以下の点がポイントになると思います。
研修病院の現状、人員、図書館などの整備の状況、などを踏まえて、現場で実践可能な内容にする。
研修医のニーズ・興味を考慮して、学ぶ側にとって受け入れやすいものにする。
指導する立場のあなたが、ストレスなく扱える課題を用いて、自分の経験や技術などもフルに活かせる流れにする。

提供する資料 いずれも資料のダウンロードページから
研修会用パッケージ
研修に配付するための資料です。pdfファイルです。自分で加工して使うためにMS wordファイルが必要な方はコーディネータまでご連絡下さい。
研修会用スライド
研修医にEBMのポイントを説明するスライドです。MS PowerPointファイルです。課題の定式化と情報検索まで話を進めることを想定した流れになっています。スライドの中で紹介している研究結果やシナリオの事例は、ご自身の専門性に合わせて変更して利用して下さい。
研修会ポイント
研修会のプログラムの解説と、研修会開催にあたってのポイント・注意点を簡単にまとめたものです。