決断分析(Decision Analysis)

結果は信頼できるか
●全ての介入と転帰が考慮されたか
●確率を求めた手段は、明確で実際的なか
●転帰の評価(utility)の基準・手順は明確で実際的か
●証拠の不確かさの影響を検討したか

結果はどのようなものか
●結果として、ある一つの手段が臨床上重要な利益を患者に与えることが示されたか
●用いられた根拠の強さはどれほどと考えられるか
●根拠の不確かさが結果を覆しうるか

結果は自分のそして自分の患者の役に立つか
●自分の患者の臨床像に合致するか
●転帰の評価(utility)は自分の患者の価値観が反映されているか

決断分析とは、不明確な状況下での決断を分析するために行われる、体系的で明確な量的な解析である。体系的な常識の結合とも言える。

i-mode indexへ