副作用の論文の中での重要な指標

副作用を示す論文は通常case-control study(症例対照研究)の形式となる。
また、前向きのcohort studyでも信頼度は高くなる。

信頼度の強さ
(RCT >)コホート研究 > 症例対照研究 > 症例報告

副作用 あり なし
要因あり a  b
要因なし c  d

RCTやprospective cohort studyでは相対危険度/リスク比(relative risk/ risk ratio: RR)が求められる。
RR=(a/(a+b))/(c/(c+d))
しかし、case-control studyではRRは求められずオッズ比(Odds ratio: OR)を求める。
OR(オッズ比)=(a/c)/(b/d)=(a*d)/(b*c)

ポイント: case-control studyでは2分割表を水平方向に比べるのは誤り。垂直方向に比べる。副作用のあった患者のどれくらいが要因があり、要因がなかった場合はどれくらいかということから、副作用との関連を検討する。

文献検索の場合のkeyword
risk (text word)
Cohort studies---Explode

BACK